漢方外来

やっと、久しぶりにOPE後主治医になってくださったO先生の外来に
戻れ、年に一度の子宮がん検診。

年齢的に一昨年だったか体癌の検査のお願いも
するようになりました。

けい癌の検査すら痛い先生が多いのですが、
O先生は痛くないのです。
流石に、体癌はそうはいきませんが・・・

超音波の内診と触診。

今でも、この検査で引きつれるような鈍痛がともないます。

漢方処方の治療に切り替えていただき、5年くらい経ったでしょうか。

最近のイライラを相談したら、「痛いのはつらいよね」
「漢方は2種類まで出せるから上手く使い分けて・・・略」
他の先生ではこうはいかない。

やっぱり、漢方を極めた先生だから。

先生の復帰まで見てくださった先生もすばらしい方でしたが、
長年の気心知れた先生の顔が拝見できるだけでも
安心できる。

病気は嫌ですが、この病気と向き合える信頼できる医師に巡り合えた事は
財産ですね。

過齢による諸症状はあれど、日常生活が薬を服用しながらも普通に過ごせることは
有難い限りです。

何時までも、O先生に診察していただきたいと願います。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック